ステップンの利用に便利な暗号資産取引所2つを紹介!

「ステップンやるのにどこの取引所がいいの?」

「通貨の換金に有利な取引所を知りたい」

けんぼう

今回はステップンに便利な、暗号資産取引所をご紹介します。

ステップン(STEPN)では3つの通貨を利用します。

ステップン(STEPN)であつかう仮想通貨

  • SOL(ソル)
  • GST(Green Satoshi Token)
  • GMT (Green Metaverse Token)

本記事を読むとステップンをするのに便利な、国内外の取引所がわかります。

結論からいうと、この2つ

MEXC新規登録招待コード

mexc-1Z2PJ

目次

ウォレット内でのトレードより取引所が有利3つの理由

ステップンのウォレット内で交換すればいいじゃないの?

けんぼう

確かにそう。でも利確するなら取引所をつかうよね。

ステップン内のウォレットでのトレードは、「DOOAR」という分散型取引所で行われています。

DOOARでの取引手数料は1%

1%の内訳については、WPにて以下の通り公表されています。

  1. 0.3%は流動性プロバイダーに還元
  2. 0.6%はSTEPNエコシステムに還元
  3. 0.1%は将来の開発作業に使用される

運営さんを応援するなら、ウォレットでトレードもいいでしょう。

ですが初期の段階では、初期投資の回収を最優先にしたいところ。

応援はまず自分が原資回収してからで遅くないですよね。

取引所を使うデメリットは手間だけ

あえて取引所をつかうデメリットは、送金の手間がかかること。

要はこの1点だけです。

手間を惜しまず、稼いだ通貨を大事にしましょう。

取引所を使う3つのメリット

取引所でトレードする3つのメリットは

  1. 取引手数料が安い(0.1~0.2%)
  2. トレードできる通貨の種類が多い
  3. 国内の取引所に送金ができる

3番だけ補足させてください。

ここからが大事なところ、次の項で詳しくご説明します。

ステップンをするなら国内と海外の取引所が必要

海外の取引所が必要な理由👇

GSTやGMTは国内取引所であつかってない

そのため直接GSTやGMTが送金ができません。

やり方はリップル(XRP)など送金用通貨に交換してから送金します。

日本円で利確したいなら、海外の取引所が必要(ややこしい)。

では国内と海外の取引所のそれぞれのおススメをご紹介しましょう。

SOLの購入に必要な国内取引所(GMOコイン)

GMOコインSVI VCトレードCoincheck
入金手数料無料無料銀行振込無料
出金手数料無料(日本円高額時400円)無料日本円(407円)
送金手数料無料無料有料
販売所手数料無料無料無料
取引所手数料
(現物取引)
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
通貨により有料
SOL取り扱い
Coincheck(コインチェック)ではSOLの扱いがありませんが比較対象として掲載

ステップンにGMOコインが便利な理由

  • SOLの取り扱いがある
  • 送金手数料が、無料
  • 出金手数料が、無料(高額の場合400円)
  • 取引手数料が有利(Maker:-0.01%、Taker:0.05%)
  • 取り扱い銘柄数が26種類と多い

この中で手数料がマイナスになっているところがありますね。

どういうことでしょう。

マイナス手数料とは?
取引所(現物取引)で、Makerの約定金額0.01%に相当する日本円を受け取ること。

Move to earnで稼げる金額は大きくないので助かります。

SVI VCトレードもほぼ同じ条件ですが、取り扱い通貨数が20種類です。

GMOコインの26銘柄と比べてより少ない。

\ ステップンに必要なSOLが買える取引所/

では次はむずかしい海外の取引所を見てみましょう。

GST・GMTの売買に必要な海外取引所(MEXC)

ステップンに便利な海外取引所は、MEXC(エムイーエックスシー)です。

バイナンスやBybit(バイビット)もありますが、現在バイナンスグローバルは新規登録が出来ません。

Bybit(バイビット)でもいいんですが、よりMEXCが適している理由がこちらです

MEXCがステップンに便利な3つの理由

  1. 各チェーンのGST/GMTを扱っている
  2. 取引手数料(現物)が無料
  3. 日本語対応している

ステップンには、S国・B国・E国と3つのチェーンで展開しています。

バイビットではS国にしか対応していません。

各通貨MEXCBybit
GST(SOL)  S国
GSTBSC    B国
GSTERC    E国
GMT(STEPN)S国
GMT(STEPN)B国
SOL
MEXC内でGMTの表記が「STEPN」、GMTは別通貨

そしてMEXCもバイビットと同様に、日本語対応しています。

海外取引所の手数料比較

取引手数料MEXCBybit
メイカー(現物)無料0.1000%
テイカー(現物)無料0.1000%
Bybitの取引手数料はランクによって下がりますが無料にはなりません

要はMEXCではGST/GMTを無料でリップル(XRP)に交換できます。

またMEXCは取り扱い通貨が非常に多いのが特徴です。

なぜなら新しいコインの上場がとても早いからです。

そんな理由もあってMEXCに口座を持っておくと何かと便利です。

\ 招待コード付き公式リンクはこちら/

ステップンで稼いだ通貨を換金する方法

GST/GMTを換金する方法

STEP
GST/GMTを海外取引所(MEXC)へ送金

ステップンのウォレット⇒MEXCへ送金

STEP
海外取引所(MEXC)でGST/GMTを売る

MEXCでGST/GMTを売ってUSDTへ交換。

GMTの場合は、「STEPN」で表記されるので覚えておいて。
GMTで検索すると別の通貨が表示されます。
「STEPN」で検索し、以下の表示を選択

STEP
USDTを売ってリップル(XRP)を買う

リップルは手数料がとても安く・送金時間も早い。

そして国内の取引所でも扱っています。

STEP
国内の取引所(GMOコイン)へ送金して換金する

リップル(XRP)をGMOコインへ送金。

GMOコインでリップルを売って日本円に換金できます。

けんぼう

GST/GMTの換金手順は以上です。
おつかれさまでした。

よくある質問

Bybitで買ったSOLが出金できない

Bybitは二段階認証の設定をしないと、全ての通貨が出金できません。

リップル(XRP)の宛先タグとはなんですか?

宛先タグは送付されたリップルが、持ち主のものであると識別するための数字。
リップルの送金を行う際は、『アドレス』に加え、必ず『宛先タグ』の指定を行います。

取引所にもってるUSDCを直接ウォレットに送れますか?

もちろん可能です。ウォレットに送ってからトレードすればいいです。

まとめ

けんぼう

以上でステップンに便利な取引所のご紹介は終了です。
もちろん本記事でご紹介した取引所以外の取引所でも、通貨があつかっていれば問題なく送金・トレードもできます。

ステップンをはじめると良いことは、仮想通貨全般に詳しくなることです。

通貨も3種類あるし、送金やトレード・NFTの購入・販売など覚えることも多い。

最初は少し大変ですが、すぐ慣れます。

やりながら覚えていけば大丈夫なので、ステップンをはじめてみて下さい。

気に入ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次