登録販売者の資格で大学生アルバイトの時給UPと就活対策を! | けんぼうのブログ

登録販売者の資格で大学生アルバイトの時給UPと就活対策を!

登録販売者
<br>

就活を始める前に何か履歴書に書ける

資格ないかなぁ・・・。

けんぼう
けんぼう

登録販売者は就活にも有利だし、
暗記中心なので若い学生のうちがおすすめ。

時給も上がるしメリットは大きいよ

登録販売者がおすすめって言われても何それ?って方、
どんなことをする資格なのかご説明しますね。

簡単にいうと市販薬を販売出来る資格ですが
メリットやデメリット、おすすめする理由などを説明していきます。

目次をクリックすると該当ページに飛ぶので、
わかっているところは飛ばして大丈夫です。

登録販売者はOTC医薬品の9割が販売が出来る資格です

登録販売者を一言で説明すると処方箋でもらう薬以外の
OTC医薬品(一般医薬品)の9割が販売出来る資格です。

けんぼう
けんぼう

ほぼ登録販売者の資格で販売できるので、
企業からのニーズも高いです。

OTC医薬品とは

ここで専門用語だけ解説しておきます。

登録販売者の話になると「OTC医薬品」という言葉がよく出てきます。

意味は知っておいた方がいいので、次の説明を見て下さい。

OTC医薬品とは

かつて一般用医薬品は薬局のカウンター越しにおかれていたこと
Over The  Counter)の頭文字をとってOTC医薬品と呼ばれます。

そのほかに、大衆薬、市販薬、家庭用医薬品などの呼称もある。

要するにOTC医薬品とは医師の処方箋がなくても、
店頭で買える市販薬のことです。

では登録販売者は薬剤師さんと何が違うのでしょう。

薬剤師と登録販売者の違い

薬剤師は処方箋に基づいての調剤が行う事が出来て、
一般用医薬品の全てを販売することが出来ます。

売場に立っている人の服装でも違いがあります。

白衣を着ている人はだいたい薬剤師さんで、
色付きの制服(ブルーやピンク・グリーンなど)を来ていると
登録販売者になります。

エプロンの人は無資格の一般従業員です。

薬剤師になるには薬学部に6年間通って、
国家試験である薬剤師の試験に合格する必要があります。

では一般用医薬品の販売はどんな区分で分けられているか、
リスク区分について説明します。

医薬品のリスク区分と登録販売者の扱える範囲

一般用医薬品はその副作用のリスクによって区分されています。

登録販売者は第1類医薬品を除く、一般医薬品が販売出来ます。

医薬品分類成分の例対応する資格
第1類医薬品医療用から一般にスイッチされて
期間が短いもの。副作用などのリスクに
特に注意が必要なもの。
薬剤師
指定第2類医薬品リスクが比較的高く、薬剤師や登録販売者
説明を受けて購入するのが望ましいとされるもの。
かぜ薬や解熱鎮痛剤などが多い。
薬剤師・登録販売者
第2類医薬品主なかぜ薬、解熱鎮痛剤、胃腸薬、
便秘薬、漢方薬など
薬剤師・登録販売者
第3類医薬品リスクの低い
ビタミン剤や整腸剤など
薬剤師・登録販売者

主な第1類医薬品の例

ロキソニン、リアップ、ガスター10、ヘルペスの治療薬など

医薬品の販売における第1類医薬品の構成は

そんなに多くありません。

売場で言えば3尺(90cm)の棚で5~6枚でしょう。
ゴンドラ1本にも満たないくらいです。

最近は薬剤師さんがいない店が増えているのも
そのためです。

実際に最近は受験者の数も多くなっています。

グラフから受験者の推移をご覧ください。

受験資格要件がなく毎年5万人以上が受ける人気資格に

厚生労働省 これまでの登録販売者実施状況より作成

上の表は登録販売者の受験者と合格者の年度推移です。

厚生労働省の資料より僕が作成しました。

令和2年はコロナの影響からか受験者数が減少していますが、
過去5年平均でも5万9千人以上が受験しています。

ここからは何故人気があるのか、
また大学生におすすめする理由について解説します。

アルバイトの大学生が登録販売者をとるべき理由

登録販売者の受験要件の撤廃により、
学生のうちから受験できるようになりました。

学生が資格取得するのにおすすめする理由は、

  • クスリを扱う企業が増えニーズが高い
  • だれでも受験できる
  • 暗記が中心なので文系でも受かる
  • ドラッグストアなら時給があがる
  • ドラッグストアなら内定まで最短距離
  • ドラッグストアなら試験代が会社もち(企業により)

主なメリットについて確認出来ましたか?

試験代については、卒業後入社が条件のところも
あるのでバイト先の社員さんに聞いてみて下さい。

ではデメリットについて説明しておきます。

登録販売者のデメリット

では登録販売者のデメリットについて見ていきましょう。

  • 試験が1年に1回しかない
  • 受験代とテキスト代がかかる
  • 最短でも3カ月は試験勉強が必要、できれば4~6か月。

経費がかかると言っても数万円ですみます

運転免許の方がお金かかりますから
他の資格と比較しても損ということはありません。

デメリットとしてあえてあげましたが、
費用対効果で考えると良い方だと思います。

履歴書に書ける資格で就活に有利に

大学生がいざ就職活動を始めたとき、
履歴書に書ける資格が普通免許しかない・・・。

そうなってから後悔する人が多いです。

その点登録販売者の資格はだれでもが受験でき、
一般医薬品の専門家として仕事することが出来ます。

また最近では医薬品を扱う企業が増えています。

資格を活かせる職場がふえている

ドラッグストア以外でも介護の現場や、
通販サイトのコールセンターなどの募集も増えてきました。

販売業だと土日休めないから嫌だなという人は、
オフィス勤務で週末休みのコールセンターとい選択もあります。

また小売業でもスーパーの薬品部や、家電量販店・コンビニや
ディスカウントストアなどでも募集しています。

将来の就職する際に自分の希望にあった勤務先の
選び方についてはこちらの記事を参考にして下さい。

つぶしが効く資格だと思います。

また新卒ならではのメリットも実はあります。

同期で自分だけもっていれば先行者利益が得られる

登録販売者として合格すると、最初は全ての人が研修生になります。

登録販売者の管理者要件といって、ひとりで販売が出来るよう
になるためには一定の勤務時間をこなす必要があります。

これは5年間の間に、2年以上かつ合計1920時間必要です。

合計というのは、合格後ではなく合格前の店舗勤務も含めることが出来ます。

実際にはレジを売ったり食品や雑貨の品出ししかしてなくても、
実務者経験としてカウントされます。

ちょっと不思議な計算ですが、そういう決まりになっています。

アルバイトのうちにとっておくと、同期よりよりも早く管理者要件
満たせるので早く出世することが出来ます。

これは生涯年収を考えると後々結構な差になります。

アルバイトでも時給がアップすることが多い

またアルバイト期間中でも資格者は時給がアップします。

企業によっては研修生でもプラスして手当をつくことも。

アルバイトの場合は地域によって時給のばらつきが大きいので
自分の地域がどのくらいが相場かは調べておきましょう。

登録販売者試験の内容と勉強法

登録販売者試験の出題内容や勉強法については、
別の記事で詳しく作成してあります。

テキストですが全くの初心者なら購入をおすすめします。

なぜなら薬学の勉強は生涯学習するくらい
奥が深い分野だからです。

親に借金をしてでも必要最低限のテキストと
過去問題集はそろえましょう。

まとめ

ここまで読んで頂いて、登録販売者の資格は受験要件が撤廃され、
資格を取得する方が増えている理由がわかったでしょうか。

就職活動するにあたって履歴書にかける資格がなかった方は、
数か月の準備で有効な資格ですから取得をお勧めします。

ヒューマンアカデミーの通信講座なら、
無料の資料請求も出来ます。

テキストのサンプルも以下のリンクから確認出来ますので
興味を持った方は忘れないうちに無料の資料請求をしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました